クリニックからのお知らせ

2020-04-02

当院で治療中の患者様へ

2020年4月1日、日本生殖医学会より不妊治療に対する声明が発表されました。
新型コロナウイルスが妊娠初期に胎児に及ぼす影響や、胎児への感染の可能性など分からないことが多く、万が一感染した場合の使用薬剤に制限が掛かることが触れられております。
患者様に対し、コロナウイルス感染の危険性がなくなるまで、不妊治療の延期が可能な方は考慮して頂けたらと存じます。

<当院の今後の治療について>

付き添いの自粛。
診察前の体温測定、自覚症状について(風邪症状、味覚嗅覚障害)家族職場での感染歴の問診。
体外受精をされている方は受精卵を凍結し、移植の時期をご検討ください。