不妊治療

不妊治療について

不妊症について

不妊症は避妊をせず、2年以上妊娠しない方の事を言います。
当医院では、不妊症の原因を診断し、治療又は、その原因を回避することで妊娠に導くという基本的な方法で治療を行います。
それが一番の近道と考えております。患者様の精神面、肉体面、費用面等考慮し、早く妊娠して頂くようにそれぞれの方にあったオーダーメイド医療を行ってまいります。
治療法は一つではありません。一緒に乗り越えていきましょう。
1年間妊娠しない方は、治療しないままでも1度相談に来られることをお勧めします。
年齢を重ねると、どんどん妊娠しにくくなります。来院当日から治療が出来るので、1日でも早い受診が妊娠につながります。気軽にお尋ねください。

不妊症検査

不妊検査は治療と並行して進めていきます。

  • 血液検査(ホルモン検査で脳下垂体、卵巣等の状態を把握します。)
  • 超音波検査(子宮、卵巣の状態を検査します。)
  • ヒューナーテスト(排卵前に夫婦生活をして頂き、子宮頚管粘液を採取して精子の数や運動率をチェックします。)
  • 卵管検査(水溶性造影剤を用いて、卵管水腫がないか、卵管が閉塞していないかを確認します。)

タイミング法

タイミング法はホルモン値、卵胞の大きさを測定し、夫婦生活のタイミングを指導する方法です。
基礎体温を付けて、自分でタイミングをとっているが妊娠されない方は、人工授精や体外受精から治療を開始する場合があります。

人工授精

人工授精は、洗浄、濃縮した良好な精子を子宮に直接注入します。
ヒューナーテストの結果が悪い(精子が子宮頚管をうまく上がってこない)方や、性交障害の方に有効です。
人工授精で妊娠される方のほとんどは6回目までに妊娠されています。
それでも妊娠されない方は、原因が他にある可能性が高いため、体外受精への変更が有効と思われます。

人工授精

高度生殖医療(体外受精、顕微授精)

排卵直前の卵子を、超音波を見ながら長い針を使って卵巣から採取します。
その卵子を精子と受精させ、数日培養させて、順調なもののみを子宮に移植します。
顕微授精は顕微鏡を用いて1個の卵子に1個の精子を受精させてあげる方法で精子の数が少ない場合や、元気な精子が少ない場合に行います。
妊娠率は、日本産婦人科学会の2008年の統計では20~30%となっており、不妊治療では最も高い妊娠率です。
一般的なクリニックでは、高刺激多採卵ですが当院では、加藤レディスクリニックで行っている完全自然周期又は、低刺激周期(内服による排卵誘発剤のみ)で最良の卵子を1~5個程度採取します。
数が少なく効率が悪いと思われがちですが少数精鋭の卵子の為、結果的には妊娠への近道と考えております。
現在毎年約2%(2万人)の体外受精児が生まれております。
障害児が生まれてくる確率は一般妊娠と変わらないことが証明されています。
体外受精や顕微授精に偏見をお持ちの方も多いと思いますが、子供を持ちたい強い気持ちがあるなら1周期でも早い治療開始をお勧めいたします。

高度生殖医療(体外受精、顕微授精)

体外受精費用について

体外受精による治療費は保険の適応外となっております。自費でお支払い下さい。(消費税10%を含んでおります。)

採卵(1回目) 110,000円
採卵(2回目以降) 100,000円
採卵(卵子取れない場合)材料費として 68,000円
受精 135,000円
初期培養 10,000円
胚盤胞培養 65,000円
顕微授精 35,000+10,000×個数円
新鮮胚移植 95,000円
凍結融解胚移植 120,000円
透明帯除去 25,000円
受精卵凍結(6ヶ月分の保存料含む) 60,000円
受精卵保存管理料(1年分) 45,000円
精子凍結(1年分の保存料含む) 38,000円
精子保存管理料(1年分) 22,000円
精子運動活性化(ペントキシフィリン) 18,000円
1回目 採卵+受精+初期培養+新鮮胚移植 350,000円
採卵+受精+初期培養+新鮮胚移植+胚盤胞培養+凍結 475,000円
採卵+受精+初期培養+胚盤胞培養+凍結 380,000円
2回目 採卵+受精+初期培養+新鮮胚移植 340,000円
採卵+受精+初期培養+新鮮胚移植+胚盤胞培養+凍結 465,000円
採卵+受精+初期培養+胚盤胞培養+凍結 370,000円

採卵、受精、培養、新鮮胚移植の費用は、採卵当日にお支払いください。
領収書は移植後に発行いたします。追加の処置費用は、その都度請求させて頂きます。
体外受精料金は、予告なく変更される場合があるのでご注意ください。

体外受精治療成績

  平均年齢 総採卵周期数 臨床妊娠率(臨床妊娠周期数/移植周期数)
新鮮初期胚移植 凍結胚盤胞移植
2019年 37.2歳 565周期 52/194周期(26.8%) 120/231周期(51.9%)
2018年 36.9歳 551周期 48/202周期(23.8%) 89/204周期(43.6%)
2017年 36.0歳 452周期 41/158周期(25.9%) 93/220周期(42.3%)
2016年 37.4歳 513周期 25/163周期(15.3%) 85/234周期(36.3%)
2015年 37.6歳 475周期 28/164周期(17.1%) 69/197周期(35.0%)
2014年 37.6歳 350周期 36/141周期(25.5%) 43/106周期(40.6%)
2013年 37.9歳 243周期 33/96周期(34.4%) 30/85周期(35.3%)
2012年 38.8歳 163周期 13/65周期(20%) 10/33周期(30.3%)